©2019 by MSC owners CLUB. Proudly created with Wix.com

​〜 よくある質問 〜

​<幹細胞治療>

Q効果を感じるまでどのくらいの時間がかかりますか?

A早い方で翌日、 一般的には 2 週間前後で体感があり、 変化が出てくるまで、 約 3 ヶ月~半年 かかります。

Q採血前の食事制限は必要ですか?

A今回の血液検査では、 食事で数値が変化しない項目をチェックするため、 食事制限は必要あ りません。 糖尿病未治療の方のみ、 検査前 9 時間以内のご飲食は避けてください。

Q幹細胞はどのようなところにあるのでしょうか?

A幹細胞は全身に存在しています。 脂肪幹細胞が率が多いと言われていますが、 現在は培養 技術が進歩したので、 皮膚からでも同等以上の幹細胞を出せています。 脂肪から採取するの は患者様にとって抵抗感が強いと思いますので、 当院では皮膚採取にて行っております。

Q不妊症には効きますか?卵巣の若返りは?

A卵巣に直接働きかける治療ではありませんので、 不確定な部分は大きいですが、 卵巣の若返 り&女性不妊症に対して一定の効果を認めています。

Q幹細胞は糖尿病に効きますか?

A糖尿病の治療として幹細胞投与が多くの論文で報告され有効性が高いです。インスリン注射や 透析から卒業できた例もあります。 当院でも糖尿病主治医と連携をとりながら治療しております。

Q幹細胞は、男性機能 (勃起障害 ・ 持続力)に効きますか?

A自然回復を中心に男性機能に対する幹細胞治療はある程度効果的だと言われています。 当院での経験でも 「実感あり」 の方が多いです。

Q年をとっても幹細胞療法は受けられますか?

A皮膚由来の幹細胞を摂取 ・ 培養して投与するため、 幹細胞を増やして多く身体に戻すことができる ので、 年をとってから幹細胞療法を行うのは体を活性化するには最適です。 また、 年齢とともに組 織の減弱から起こってくる病気が多くなってきます。 補てんする意味でも幹細胞は良い治療です。

Qがんになったとしたら、幹細胞療法を受けることができますか?

Aがんを治す効果は幹細胞治療にはありません。 ただ、 がん組織やがん治療によって衰弱した 部分を補うために、 幹細胞療法を受けることができます。 身体の中から 5 年、 10 年若返って 残存がんと戦う力が増すのです。 当院はがん治療もご用意がございます。

Qホーミング効果って何ですか?

Aホーミングとは、 ある特定の生理学的な現象を必要とする離れた場所に移動する効果のこと。 体内 に放出された幹細胞が、自動的に再生を必要としている場所を見つけ出す効果を 「ホーミング効果」 と言います。 静脈内から投与された幹細胞は、 末梢血循環器系に入る → リンパ ・ 末梢血を通じて 損傷部位に到達 → 血管内皮に接着し、 組織に浸潤 → 増殖し目的の細胞へと分化します。

Q幹細胞は病気の予防に役立つのでしょうか?

A症状がない状態でも、 組織的には病気になっていることがあります。 「未病」 を見つけ、 幹細胞は 障害を受けた組織に到達して修復する働きをします。 自覚的に健康な方が受ける場合は、 「未病」 退治が主な効果になると思います。

Q幹細胞は、 健康に役立つのでしょうか?

A西洋医学は薬や手術などで治療を行いますが、 東洋医学は自然治癒力をいかそうとし ます。 幹細胞はこの東洋医学の西洋版ともいえるもので、 身体の中の異常な部分を正 常に治します。 そして自然治癒力を活性化させ、 病気に対する抵抗力も上げ、 身体の 内外から健康にしてくれます。

Q幹細胞療法を受ける場合、 詳しい説明を聞けますか?

A幹細胞療法を受ける際に大事なことは、 医師の説明をきちんと受け、 分からないことがあれば 質問して、 よく理解し、 納得がいったうえで行うことです。 また、 治療に習熟した施設で行うこと も大切です。

Q幹細胞療法はどのくらいの時間がかかりますか?

A幹細胞療法を受けるには、 採血して皮膚組織をとり、 その中に存在する幹細胞だけを取り出し 培養します。 培養には 2 ~ 3 週間ぐらいかかり、 それ以降幹細胞投与が可能になります。 点滴 投与の場合は 1 時間ほどかけてゆっくり落としていきます。

Q治療は痛いですか?

A(自己培養の場合) 皮膚採取は局部麻酔で行えますので、 歯医者さんの治療程度だとお考え 下さい。採取する皮膚は 3mm 程度で、数ヶ月もすると どこを取ったのかもわからなくなるほど 馴染みます。 点滴だけなので痛いことはありません。

Q手術をした後は、どのようにケアすればいいですか?

A手術後はすぐに帰宅でき、 傷も小さく、 当日からシャワーも可能になるので、 普通に日常生活が できます。 私たちのグループでは、 傷の心配や痛みなどに対してケアし、 電話連絡などでも フォローをしているので心配ありません。

Q幹細胞はガンになるかもしれないと聞きましたが、どうなんでしょうか?

A幹細胞を培養するとガンになるかもしれないと発表していた 3 つの研究グループにより、 後に 「幹細胞は培養してもガン化しない」 と論文が発表されています

http://www.sciencemag.org/content/329/5995/1004.short

 

Q幹細胞の血清培地は?

A動物由来の培地では、未知の感染症に対する危険性がありますので、当院ではアニマルフリーの 無血清培地をしようしています

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now